出張先や外出先の飲食店、駅や空港等の公共のスペースでWi-Fi接続用のフリーアクセスポイントを設けている所があります。
メールのやり取りやWEB会議のシステムを使ってネット上の打ち合わせに参加する場合、データの通信制限がなく無料で使えるので通信に利用してみたいと思う方も多いと思われます。
しかし、パスワードを盗まれたり仕事上の機密情報漏洩を招いたりする危険性があります。
外出先で利用するには、控えた方がいいかもしれません。

Wi-Fi接続は、インターネットを無線接続できる回線の規格名です。
Wi-Fi用のルーターを利用してアクセスポイントに接続し、インターネットができるようになります。
通常のWi-Fiを利用するには、ルーターのパスワードを通信機器に設定して接続の際にログインをして使うことになります。
近年では、パスワードや個人情報とデータのやり取りの情報漏洩のリスクを減らすため、強固な暗号化技術を使ってログインできるように工夫されています。
Wi-Fi接続をしているパソコンやスマートフォンの設定を確認して、セキュリティの表示がされていれば安心して使えるでしょう。

公共の場で使われるWi-Fi接続のフリーアクセスポイントは、多くの方が気軽に使えるように暗号化されておらず情報が筒抜けの状態になっていることがほとんどです。
不特定多数の人が同時に使えるために、悪意のある人間が盗み見をして情報を抜き取ってしまうことがあるのです。
意図的に大手の回線業者の名前を騙って、情報を盗むことを目的にしている人もいますので十分な注意が必要です。

WEB会議でWi-Fiを利用する場合には、社内の情報漏洩に繋がるためできるだけフリーのアクセスポイントを使わないことを勧めます。
パソコンやスマートフォンの通信設定を確認して、セキュリティの表示がなしとなっている場合は利用を控えるようにしましょう。
スマートフォンを使う際にデータ量の上限が気になるのなら、モバイル用のルーターを契約して持ち歩いて利用するといいでしょう。
その際、できるだけ接続の際にセキュリティが強固な認証方法を取り入れているルーターを選ぶと安心です。

出張先でWEB会議に参加する予定があり、普段外出先で使わないこともあるでしょう。
1日~数ヶ月の単位でWi-Fiのルーターをレンタルできるサービスもあります。
最寄りのサービス店がない場合は、宅配を使ったサービスや空港で貸し借りができる店舗もあるので検討するといいでしょう。