フリーランスの男性

仕事=会社で行うものというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。
ですが会社に行かなくても、在宅ワークという道を選ぶことも可能です。
在宅ワークは一部のフリーランスだけの話と思っている方もいますが、WEB会議のシステムを取り入れることで会社員でも自宅で気軽に働けるようになりました。

WEB会議を導入することで、PCを利用して離れた場所にいる方と会議ができます。
こうしてコミュニケーションをとることで、必ずしも同じオフィスで働かなくても一緒に仕事がしやすくなります。

WEB会議におけるメリットは、離れた場所にいる方とコミュニケーションがとれることだけではありません。
例えばオフィスで会議を行う場合、会議室を確保する必要があります。
この時オフィスの会議室が狭いもしくはほかの方が利用している場合、思うように会議が進められないかもしれません。
WEB会議であれば、会議室を確保する必要がなくなります。

またWEB会議におけるメリットの1つに、資料の紙を印刷する必要がないという点があげられます。
集まって会議をする場合、会議に参加する方の人数分だけ資料を印刷することも多くあります。
WEB会議だと離れた場所にいる方に資料を渡すことはできません。
そこでPC上で資料を共有することで、紙の資源の節約にもつながります。

会議を行うとき、画像を使って説明をしたいと考えている方も多くいるでしょう。
PC上の会議であれば、画像の共有もしやすく修正も簡単にできます。
このようにWEB会議は、資料や画像の共有にも向いています

離れた相手とコミュニケーションをとるなら、スマートフォンでも十分と思う方もいるかもしれません。
確かにスマートフォンを利用することで、音声でコミュニケーションをとることができます。
ですがWEB会議を利用することで、音声と画像の両方でコミュニケーションが取れます。
音声と画像の両方をとることで、必要な情報の交換がしやすくなるのです。

またWEB会議はPCだけではなく、タブレットで行うことも可能です。
タブレットPCを使っている方でも、気軽にWEB会議に参加できます。
PCとタブレットの両方に対応しているからこそ、自分に合った方法で会議に参加するようにしましょう。
大事なのはどのような機器を利用して会議に参加するのかという点ではなく、離れた場所にいる相手とも円滑に会議が行えるかどうかです。

田舎に住んでいても仕事ができる

WEB会議を導入して在宅ワークが可能になることで、住むことができるエリアが広がったというメリットが存在しています。
オフィスに毎日通勤する場合、オフィスと自宅の距離が離れていると通勤するだけで疲れてしまいます。
一方で在宅ワークが可能になれば、オフィスと自宅の距離が離れていても問題なく仕事ができます。

田舎で仕事ができる

田舎で働く男性

例えば都心だと家賃が高いので、田舎で暮らしたいと考えている方もいるかもしれません。
ですが田舎で生活すると、都心より収入が下がるのを心配して田舎暮らしをあきらめている方もいるでしょう。
在宅ワークであれば、今と同様の収入が期待できます。
同じくらいの収入で家賃が安い田舎に引っ越すことで、貯金に回せるお金が増えるなどのメリットが生まれる可能性もあります。

在宅ワークが可能と言われても、田舎だと電波が悪いと考える方もいるでしょう。
ですが田舎だからといって、電波が悪いとは限りません。
今はほとんどの自治体でネットワークがつながっているため、多くの地域でインターネットアクセスを気にせずに仕事ができます。
このようにネットワークでつながっていることで、住んでいるところに関係なく仕事がしやすくなるのです。

理想のライフスタイルに合わせた仕事ができる

また在宅ワークにおけるメリットは、住むところを選べるという点だけではありません。
自分のライフスタイルに合わせて働けるというのも、在宅ワークにおけるメリットの1つです。
例えば田舎で暮らす場合、畑もやってみたいと思っている方もいるかもしれません。
畑と仕事の両立は難しいと思っていても、在宅ワークなら今まで使っていた通勤の時間を畑仕事にあてられます。

またオフィスに出勤している方の中には、残業後に自宅まで帰るのが大変という方もいるでしょう。
在宅ワークの場合、残業したとしても自宅にいます。
自宅にいることで仕事が終わって疲れた場合には、すぐに休むことができるというメリットが存在しています。

在宅ワークといっても、自宅で仕事をしなければいけないという決まりはありません。
例えば近くにインターネット環境の整ったカフェがあるなら、日中はカフェで仕事をするのも1つの手です。
自宅とは異なる環境で仕事をするほうが、仕事がはかどるという方も多くいます。

このようにWEB会議のシステムを導入すると、田舎にある自宅やインターネット環境の整ったカフェなどオフィス以外の場所でも働けます
自分に合ったスタイルを選んで、より良い環境で働きましょう。